外反母趾の痛みを改善する会 » 食事をしないのは不健康

食事をしないのは不健康

毎日繰り返される食事の中でおろそかにされやすいのは朝食でしょうか。これは特に高校生や大学生当たりの年代に多いと思います。

朝食を抜く事は健康的に良くないのはさまざまなところで言われていますが、朝食欲がなくて朝ご飯をぬいてしまうという気持ちも意外とわかるところがあります。

朝に目が覚めてある程度の支度をした段階でお腹が減らない、食欲がないのは原因があるのです。それはまず、前日の深夜に食べてしまうと次の日の朝は食欲がない事も少なくありません。

そもそも深夜に食べるという事は肥満などの原因になってしまうこともあり、健康にはよくありません。なので、朝しっかりご飯を食べ健康になるには深夜に物を食べる習慣を無くす事が必要でしょう

そして睡眠不足も食欲に影響します。基本的に健康に良くなく身体に悪い負担のかかる事をしてしまうと食欲が失われる事は少なくありません。

いずれにせよ、朝食を抜く事は健康だけでなく生活そのものにも負担になる事が多いです。1日の健康と活動の源は朝食のエネルギーからなります。

それをぬいてしまう事によって、昼間の活動に影響がでます。思考能力や判断力の低下、肉体的疲労などのこれから活動するのにこういった症状が出たのではどうしようもありません。

しかしこういった経験をしているのにも関わらず抜いてしまう事もあるのです。その原因には起床時間も関係しているでしょう。

当然ですが、学校や仕事があるのに起床時間が遅いと当然省かれるのは食事でしょう。それは料理の用意が朝の準備の中で一番時間がかかりますが一番省くのが簡単な事です。

ですが少しでも健康に対する意識があるのであれば朝ご飯の時間が確保出来るくらい余裕をもって起床したいものです。朝からきちんとエネルギーを摂ることが、健康の為になるとおもいます。