外反母趾の痛みを改善する会 » 対策と靴について

外反母趾と靴について

外反母趾は足の異常ですから、常に履くことになる靴が非常に重要になるというのはすぐにわかることでしょう。しかしどのように選べば良いのかというと、その点については意外と知られていません。

本来足は、しっかりと歩いてこそその役割を発揮できるようになります。しかし合わないままで履いているとすぐ痛くなってしまう、疲れやすくなるなどの不具合が発生して、歩くのが辛くなってしまいます。

そんなことにならないよう、健康な状態を維持できるように、自分に合ったものを探しましょう。ここでは、靴を買う時のポイントを簡単にご紹介します。

まず、つま先です。特に女性の方はつま先が狭いものを履いている方も多いですが、これでは変形が起こるのも当然です。窮屈さを感じない広さがあり、少し上向きのつま先であることが理想です。

形といえば、内側の形状も大切です。オーダーでもない限り、完全にぴったりということは難しいかと思いますが、自分の足の形状と合うものの簡単な判断基準として、歩いた時に足が滑ったりズレたりしないものを選んでください。

また、いくら滑らなくても窮屈に感じる場合はNGです。つま先だけでなく、甲の部分もきつすぎないか、しっかりと確認してください。

次に、底の部分です。できればゴム底のものを買うようにし、そうでなかったとしても地面に足をつけた時に衝撃が大きいと感じるものは避けてください。自分で衝撃の程度が良くわからない場合には、ゴム底で尚且つ、緩衝機能が優れているものを選ぶのが無難です。

形状が合っていても、素材が柔らかすぎるとしっかりと足を包むことができないので、歩く際に不自然な歩き方になることがあります。この点も注意してください。

最後に、通気性です。中で蒸れたりして居心地の悪い状態になってしまっては、気持ちよく歩けるはずがありません。

また、いくら機能が良くても自分の好みに合わないデザインのものでは進んで履こうとは思えませんね。ですので、できればこれらの条件を満たしながら、自分の好みに合うデザインを選びたいものです。