外反母趾の痛みを改善する会 » ブロック注射の後遺症

ブロック注射の後遺症

ブロック注射は、治療に伴う問題が少ない治療方法です。薬物などで出てくる後遺症などがかなり少ないので、安心して行える方法でもあります。ただし、それは医師のレベルによって様々に変わります。

キチンと知識と経験がある医師がブロック注射をした場合は、注射を打たれた時に痛みすら軽減することができ、キチンと治療をすることができるでしょう。しかし、レベルが悪いと注射を打つ時に激痛になったり、効果が悪かったりするので注意しましょう。

上記で説明したように、医師のレベルによって後遺症などが決まってくるので注意しないといけませんが、痛みなどはうまい医師でも多少出るので間違いないようにしてください。

あくまでも良い医師は痛みが少なくなる程度です。まあ、確かに痛みを感じさせない人も中には居ることもありますが、治療箇所などで変わってくるので、間違えないようにしてください。ブロック注射には神経ブロックと言うブロック注射があります。

これは、その名の通り神経もしくは、神経付近に注射を打つやり方のですが、神経に指す場合かなりの激痛になるので、注意しましょう。そして注射のやり方が悪いと神経を痛めて、大変なことになる場合もあります。

故に、このやり方をする場合は特に、医師のレベルを考えてください。最悪で考えると神経を痛めて、体が動かなくなることもあるので、しっかりと探してくださいね。

下手な選び方をしない限りは、ブロック注射で重大な問題を出すことは少ないです。ですが、後遺症になってしまうと色々と大変になるので、適当に選ぶのはオススメできませんね。

特に注射とは言え、体の中をいじるのでしっかりと選んだほうが良いです。間違いが起きる前に確認しておきましょうね。ちなみに、ブロック注射でもやり方によっては死に至るので、しっかりと選んでください。