外反母趾の痛みを改善する会 » 満足度を上げる

満足度を上げる

新築で家を購入するときには、多くの人達が30年~35年という長期間のローンを金融機関の住宅ローンで組んでいます。

しかし、日本の木造住宅の新築してから取り壊すまでの期間は25年~30年ほどと言われています。


不動産での売買のための鑑定では、木造住宅の耐用年数は25年とされてしまうことが多く、この期間を迎えてしまうと建物の評価はゼロになってしまうこともあります。

そのため、リフォームの価値が出てくるのですが、かつてはこういった工事があまり重要に考えられていなかったので、適切な工事が行なわれずに売り出された物件は、建物のに価値があまりなく、更地の物件としても建物に解体費が掛かるということで毛嫌いされていました。

しかし、今となってはリフォームの考えが定着してきたので、図面だけで新築の物件を考えるよりも、実際に建っている中古住宅を見ながら、どこをどのように変えていけば自分達の生活に合うのかということをかんがえられるので、住まいを考えている人には魅力的なものになっています。

中古住宅をしっかりと見極めれば、費用も新築より掛かることがなく、満足度がとても高い家を手に入れることが可能なのです。一度検討してみる価値は十分にあると言えます。