外反母趾の痛みを改善する会 » 椎間板ヘルニアの神経根ブロック注射

椎間板ヘルニアの神経根ブロック注射

椎間板ヘルニアのような疾患を患ってしまうと、継続的な痛みが発生し、日常生活の中の行動に著しい制約と困難が生じてしまう場合があります。

そのような激しい痛みが続き、薬物による療法を処方してみても、中々痛みが改善されないケースで良く用いられるのが、ヘルニアのブロック注射です。

その内容は単純で身体の中で痛みを伝える役割をしているのが神経ですが、その神経や神経周辺の細胞組織に局所麻酔薬を投じることで、痛みを伝える神経信号を一時的に遮断するというものです。

また、神経根ブロックは思わぬところで経験のある方もいるのではないかと思いますが、歯を抜歯する際に注射にて局所麻酔を打った後に行われますが、このような抜歯などに用いられる麻酔薬と同じものです。

神経根ブロック注射は激しい痛みを感じる状態の場合に、その痛みを緩和・抑制するために神経根にブロック針を刺入し、局所麻酔薬や時には抗炎症剤を注入します。

椎間板ヘルニアには最も即効性のあるブロック注射となっています。また、神経根ブロック注射は直接的な治療の目的だけでは無く、疼痛の再現性を確認することなどにより診断の一つにも利用されます。

正し、この神経根ブロック注射は処置後にはほとんどの疼痛が抑制・消滅しますが、処置時の痛みが非常に強いため、また神経根を損傷させる恐れもあるために頻繁に施されることはありません。

しかし、椎間板ヘルニアで良く効いた例では、一度の処置で数カ月以上の効果が得られることもあります。ですが、ブロック注射はあくまで一時的に痛みを抑え、神経をシャットダウンしているだけのものですので、効果が切れれば痛みは再発します。

このことをしっかりと頭に入れておいた上で治療を受けるようにしてください。そのような考えを持っていないと、実際に治療をしても思ったほどの効果を感じなかったり、期待外れになってしまうことになります。

また、治療をするときは担当医の説明をしっかりと聞き、自分の症状に本当に適しているのかを確認することも大事になってきます。