外反母趾の痛みを改善する会 » 治療方法

治療方法

椎間板ヘルニアに対する治療法として現在では大きく分けて2つの方針があります。一つは外科的な手法を用いる手術療法で、ヘルニアに陥ってしまった状態を直接的に元に戻す、飛び出した部分を切除するなどして影響の無い状態にするといった方法で完治させることを目的とします。


しかし、一般的にはこの手術が用いられることは少なくなっているのが現状です。それは手術となるとやはり人間の身体に与えられる負担が大きくなってしまうのと、

費用も高くなってしまうこと、また頚椎椎間板ヘルニアにおいては神経が多く存在するデリケートな部分というのも理由の一つとして挙げられるでしょう。

ではどのような方法が用いられるかと言いますと、一般的に保存療法という手法が挙げられます。

これは手術とは異なり患部に直接働きかけて根治を目的とするのではなく、椎間板ヘルニアの状態がそれ以上悪化してしまうことや症状の進行を防ぐとともに、出来る限り発生している症状の緩和を目指します。

その手法として挙げられるのが鎮痛剤や消炎剤を用いる方法や、タオルなどで直接患部に働き掛ける温熱治療や光線治療、超音波、電気などで患部を温める物理療法や、ストレッチやリハビリテーションを取り入れた運動、またコルセットを用いた改善といった様々な手法があります。

さらに、効果的なのが日常生活の見直しを行う手法です。運動などで患部にかかる力を負担できるように筋力をつけるとこも必要ですが、それと同時に患部にかかる負担を軽減することを行うと実に効果的なのです。

患部にかかる負担が小さければ当然症状も和らぎますし、日常生活の見直しは直ぐにでも出来る手法ですよね。

これまでに保存療法をご紹介してきましたが、それでも中々思うように効果が出てこない場合、また症状が重度のものまで進んでしまった場合には、冒頭へと戻りますがやはり手術を用いることがあります。