外反母趾の痛みを改善する会 » レーザー療法と効果

レーザー療法と効果

PLDDとは、Percutaneous Laser Disc Decompressionの略で、椎間板の中の髄核が外の皮を突き破ってはみ出してしまう腰椎椎間板ヘルニアの治療法として注目されている術式です。

わかりやすく言えば、椎間板の中心にレーザーファイバーからレーザーを照射し、髄核を蒸発させてできた空洞にはみ出した髄核が戻るように作用させ、また、圧迫していた髄核が戻ることで腰椎椎間板ヘルニアの神経症状を取り除く方法です。

腰椎椎間板ヘルニアのどんな症状にも効果があるわけではなく、比較的軽度の症状に多く用いられますが、背中を大きく切開したり、出血が多かったりということがほぼないため、体に優しいメリットがある治療法です。整形外科でも取り入れるところが多くなっています。

PLDDによるレーザー照射によって椎間板の中身が消失し、髄核が元に戻ったとしても、ヘルニアの根本的な解決にはならないという意見もあります。

あくまでもその場しのぎのものであり、ブロック注射等と変わらない方法であるのに、治療費ばかりが高い、というものも多いようです。しかしPLDDを受けた後、全く腰痛が無くなった、という方も多いようです。またその多くは、腰椎椎間板ヘルニアのリハビリを欠かさずに継続させている、という場合です。

一度ほぼ根本的な治療を受け、痛みがなくなるまでに腰椎椎間板ヘルニアが改善したのであれば、そこからは患者さんが努力して再発を予防するしかないことは明らかですが、リハビリを継続していたにも関わらず、再発したという例もあるようですので、PLDDが果たして正しい根本治療かどうか、という点については結論を下すことは難しいと思います。

椎間板は放っておいても歳とともに薄くなっていく部位です。その部位にレーザー照射を当ててより薄くしてしまえば、それだけ機能性が弱まってしまうことにもなりかねません。

筋肉のように自然に治癒することができる部位ではないことから、やはり色々な意見が分かれてくるのだと思います。