外反母趾の痛みを改善する会 » 健康と花粉症

健康と花粉症

花粉症とは、様々な種類の花粉、つまり草や木などから出る粉が原因となっておこるアレルギー症状です。主な症状はくしゃみや鼻水、鼻づまりなどで、目がかゆくなったり、充血して涙目が続き、目やにが増えるなどの目の健康障害も同時に起こるケースが多く見られます。

また花粉症は、ひどくなると思考力の低下や頭痛、全身のだるさなどの健康障害が出ることが多い病気です。アレルゲン、つまり抗原としては、毎年のように猛威を振るうスギが最も有名です。

また初めて日本に登場したものはブタクサという名前の植物です。日本人の約20%弱に花粉症患者がいると言われ、年々増加傾向にあります。温暖化や、高齢のスギが増えていることで、花粉そのものの量が増加傾向にあることなどもその増加率の速度を冗長しています。

また花粉症で健康を崩す時期としては、春、また秋がダントツで、春のケースではスギなどの木が原因となり、また秋はイネ科の植物などを代表とする草が目立ちます。

花粉症対策としては、シーズン前には特に体を鍛え、抵抗力を養い、健康を維持する努力が大切です。水泳やジョギングなどの全身運動をしたり、有酸素運動、乾布まさつや冷水まさつなども効果的です。また近年はめっきり減ってきたと言われる喫煙者のケアも必要です。

タバコの煙は鼻や高い確率で喉の健康を害します。吸い込んだ時に違和感が強い方はとくに要注意です。

減感作療法とは、花粉から直接抽出したエキスをわずかの量ずつ注射していき、体を慣れさせる方法です。通院で処置が可能で、何年もかかっているという方はよくこの方法で治療を受けています。また人によっては効果が薄いため、医師に相談してから打ってもらうのが原則です。

また同じように経験者の方は、花粉が本格的になる2週間程度前から効果のある薬剤を投与したり、目薬などを用いておいて、症状をできるだけ軽くするように準備をしておきます。

症状や薬剤などの効き目は人それぞれですので、よく自分の健康状態を知っておくことが大切です。