外反母趾の痛みを改善する会 » リフォームの費用

リフォームの費用

リフォームしたいけど費用が無いなどと、思っていませんか?確かに、どの程度らかかるか分からないので、リフォームしたいけど、なかなか考えられないという方が多いかと思います。

今回は、リフォームの費用についてお伝えしていきたいと思います。まずリフォームで一番大切はことは、業者選びです。

資料請求や見積もり・相談は無料ですっていうところが多い中、稀に資料請求しただけで、話を聞いただけで、お金を請求というリフォーム業者がいます。

気をつけなければいけません。まず基本は、はじめから1社に絞らないことです。複数のリフォーム業者さんの資料をみたり、実際に行ってみたりして比較するということが大切です。

その時、見積もりもそれぞれ出してもらったら良いかもしれません。「リノベーション費用を匿名無料で比較検討できる~リノベーション費用見積比較ナビ~全国対応~」のようなサイトを利用するといいでしょう。

リフォームは簡単に、気軽に、いつでもできるというものではないので、納得した費用で・内容でというのは重要ですよね。そこで見積書の種類気になりませんか?

見積書には、いろいろと種類があるそうです。工事総額方式、工事単価方式、工種別内訳方式、部屋別・部分別内訳方式と、工事総額方式は「総額○○円で請負います」などといってくれるタイプです。

総額が分かって良いですが、細かいところが分からず。大きくリフォーム工事する場合、総額しか出さないリフォーム業者さんは悪徳かもしれないので、注意が必要です。

工事単価方式は「坪○○円で請負います」というタイプです。これだけでは工事総額方式と同じで、細かいところはわかりませんよね。工事別内訳方式は仮設工事、電気工事、仕上げ工事など工事別での見積もり費用を出してくれるタイプです。

これをしっかりと書いた明細書を出してくれたりするので、分かりやすいですね。部屋別・部分別内訳方式は工種別内訳方式に似ていて、更に細かく部屋ごとだったり、床・壁など部分別に詳細を出してくれるタイプです。

これも分かりやすいですね。見積書はこのようにいろいろなタイプがあり、リフォーム業者さんによって採用している方式はさまざまです。私のおすすめは工種別内訳方式または部屋別・部分別内訳方式ですが、好みは人それぞれです。

リフォーム業者さんに見積もってもらう前に、方式を確認してみても良いかもしれません。納得した見積もり書を出してもらって、納得した工事・仕上がりにしたいものです。