外反母趾の痛みを改善する会 » 変形性膝関節症の診断

変形性膝関節症の診断

変形性膝関節症とは、膝の関節の軟骨が擦り減ってしまい、関節炎を起こしたり、変形したりすることで、骨が直接当たってしまい、腫れや激痛を起こすような病気です。

この病気は関節の部分が異常な状態になるわけですが、急になる人はいません。これは、膝関節の軟骨がすり減ることが始まりで、徐々に進行してくる病気です。

最初は少しの痛みしか感じませんが、放っておくと関節炎や変形を生じて痛みなどが起こることになります。このようになって始めて変形性膝関節症と診断されます。

しかし、膝の痛みは他の病気の可能性もありますので、関節液を検査したり、レントゲンなどを撮ったりすることで病名を特定することになります。

関節は関節を覆っている軟骨の磨耗や変形が始まり、土台の骨そのものの変形になると、最終的には変形性膝関節症の手術をするということになります。また、この病気のやっかいなところは、なかなか完治することができないところです。

一度発症すると、元の膝に戻すことがなかなかできません。ですから早期発見が必要です。そして、発症率としては、60歳以上では、女性は4割くらいの人が発症し、80歳代になると、さらに比率は上がります。

統計から言うと、6割以上の人が変形性膝関節症を患っているといえます。この病気は特に女性に多くなっています。その原因として、肥満やO脚の人が女性には多いからです。

膝に負担がかかるのは、肥満やO脚の人になってしまうからです。このような病気のため、実は病院へも行かずに家で足が痛いからと、あまり動かなくなってさらに症状を悪化させる場合があります。

この病気は、進行を遅らせることで、日常生活を送り続けることは可能です。そのためには、適切な医者の診断により、適切な治療を行う必要があるわけです。

もし、あなたも60歳以上の年齢で、膝に違和感や痛みがある場合、すぐに診察をするようにしてください。少しでも発見が遅れてしまうと、後々取り返しのつかないことになることもあります。