外反母趾の痛みを改善する会 » 腰痛と椅子やクッション

腰痛と椅子やクッション

椅子と腰痛はとても関連が深いと言われています。もちろん使用していないのであれば関係ありませんが、特にデスクワークを主体とされている方にとっては、腰痛を起こす第一の要因と言えます。

また特に腰を前に出す、背中を丸めてしまう、という典型的な悪い座り方が最も腰痛を起こす可能性が高く、腰の筋肉だけでは支えきれない上半身の重さにより、骨に大きな影響が出ます。

ではこのような姿勢を改善するにはどうすればいいのか、というと、まず腰が前に出ないようなものがいいわけですが、最近のオフィスにあるものは大抵が不可能です。

これは背中の背もたれから座面までが一体型のものがほとんど、という意味で、どうしても身体全体が知らないうちに動いてしまうのです。

ですので、小学校にあるような、座面と背もたれがセパレートし、それをパイプなどで繋げているのものが有効です。

しかし、ではそのような形のものに変えよう、として変えられる方はほとんどいません。会社にそんなものを持ち込めるでしょうか?ほとんどの会社では許可を得られないと思います。

このためにクッションを使用する方が多くいらっしゃいます。既存の椅子の上に置くだけのものです。大きな備品でもなく、どこにでも持ち歩くことができます。

例えば真ん中に穴が大きく開いている円座のタイプがありますが、これはほとんどが長時間の使用によって凹みが出てきますので、座りにくくなってしまいます。腰よりも、臀部に傷を持っている、肉付きが悪くて骨が痛む、などのケースにはお勧めです。

その他には低反発のクッションがあります。これであれば落ち着きも出ますし、反発性が低いため、型崩れもしません。その他にもカバーなどを利用されている方は多いようです。

クッションですから種類はとても豊富ですので、色々なものを試してみることが大切です。病院でどのようなものがいいか相談する方も多いようです。

椎間板ヘルニアを自然治癒させる方法をご紹介