外反母趾の痛みを改善する会 » 腰部脊柱管狭窄症の書籍

腰部脊柱管狭窄症の書籍

近年、坐骨神経痛と呼ばれ腰痛の方々を悩まし、中高年層では、腰部脊柱管狭窄症と呼ばれている病気があります。この腰部脊柱管狭窄症についての書籍が数多く出版されているのをご存知でしょうか。

一体、どのような病気なのか?また、腰部脊柱管狭窄症の治療にはどんなものがあるのか?こうすれば治るかも?この先生がいい!など自分の疑問や症状にあった対処法に、答えてくれるような本に出会えます。

私は今回すごく興味深い本に出会いました。その本について、少しお話ししたいと思います。これには、腰痛を根本的なところから治す方法についてがテーマに取り上げられています。

腰痛というのは、聞くとたいした事ないように聞こえがちですが、スポーツができなくなったり、家事や仕事に支障をきたします。

何度も通院しても、レントゲンなどをとられ、病名、腰部脊柱管狭窄症などと診断されたものの、結局痛み止めの薬物療法や神経ブロック注射なんかで痛みや痺れを緩和する治療を繰り返している場合が多いのではないでしょうか?

根本的な治療は行われていないですよね。一時的に薬で抑えるだけでは、一向によくならないでしょう。そうなってくると、もう一生腰痛と、付き合っていかなければならないのか…と思ってしまうでしょう。

しかし、この本には、腰痛を解消するために、“ある部分”を動かす必要があるようなのです。逆に考えると、その“ある部分”を動かさないことが腰痛の原因となっているといわれているのです。

よって、ある部分を正しく動かしさえすれば、痛みは簡単になくなるというのです。さらに痛みだけでなく、動かせば動かすほど短期間で腰痛の解消につながるのだそうです。

要は、そのマル秘部分を正しくどんどん動かして、腰痛を完治しちゃいましょう。という感じの事がかかれていました。やはり一般的な治療だけにとらわれず、本などを活用することで、より多くの可能性へつながっていくのだなぁと思いました。

頚部脊柱管狭窄症でお悩みの方はこちら