外反母趾の痛みを改善する会 » 浴室とバリアフリー

浴室とバリアフリー

浴室の工事を決める際、決め手となるきっかけを聞くとバリアフリーにしたいからといわれる方が経験上多かったです。特に既存の浴室がタイルの場合は特にです。

まず、既存のタイルの浴室がいかに危険かを説明します。まずは、洗面所と浴室との間の大きな段差です。

大きく一段下がっている段差は、高齢の方にとっては大きな障害にもなりますし、タイル面だと水にぬれるとつるつると滑ってしまうので転倒する可能性もありとても危険です。

そして、タイルの浴室ですと冬場は、時に底冷えがしてしまいます。寒い浴室に入り急に暖かい湯船に使ったりシャワーを浴びたりすると心臓に負担が掛かるため心筋梗塞や脳梗塞の引き金にもなってしまいます。

このような危険を回避するためにも浴室のリフォーム工事はあります。まず、段差の解消はユニットバスにすることで出来ます。

既存の住宅の構造が鉄筋が使われているハウスメーカーのものだと段差が解消できない場合があるので住宅を購入した際の図面を見て確認してください。